ソーシャルワーカーの本棚

浅沼太郎(長楽庵)の個人ブログです。読者に学生を想定して、好きな作品をもとに綴っています。

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼太郎)の個人ブログです

上手くなるにはどうすればいい?-成冨ミヲリ『絵はすぐに上手くならない』

絵を描くときに、何ができて何ができないのか。8つに分解して示すこの著者は素晴らしいと思いました。

「絵のうまさ」というのは大きく分けて二つあります。(中略)

ひとつ目はテクニック的にうまいという場合。(中略)

もうひとつが、物の形を知っていることです。(中略)実はこの後者のうまさは非常に大事です。(17~18ページ、太字は引用者による) 

初心者にとって救いなのは、具体的な方法とセットで、練習すればうまくなると書いてあることです。これは嬉しい。

絵を描くことは楽しいのですから「すぐに」上手くならなくてもいい。でも、このままのレベルでずっといくのは辛い。そういう時に「何をすればよいか」を示してくださるのは、大変ありがたいです。

また、有名な技法書(ジャック・ハム、ルーミス、ベティ・エドワーズ…)をあげて、使い方が紹介されています。素晴らしいです、しつこいようですが。

私が感激し、少々嫉妬もするのは、自分の領域でこういう仕事をしたいと思ったせいでしょう。

ソーシャルワークでも「アセスメント」と呼んだり、日常的な用語では「見立て」と言ったりします。要は、相手の生活を/置かれた状況を/直面している課題をどう「とらえるか」です。このとき物の形を知っているかは重要な要素となります。

実践でも教育でも「何をすればよいか」という具体的な方法を言葉にできているのだろうか。そんなことも考えさせる内容でした。 

絵はすぐに上手くならない

絵はすぐに上手くならない

 

あとがき

いいタイトルですよね。すぐに上手くならないのは分かっているけど、いずれ上手くなりたい。そのための考え方と筋道がきちんと示された「看板に偽りなし」の本でした。