ソーシャルワーカーの本棚

浅沼太郎(長楽庵)の個人ブログです。読者に学生を想定して、好きな作品をもとに綴っています。

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼太郎)の個人ブログです

レコーディング・国試対策【2】-勉強しない日も、毎日記録だけは残す

前回の続きで、国試対策のお話です。ダイエットの話ではありません。

著者の岡田斗司夫さんは「最初は記録をとるだけで、絶対にガマンしない」「ひたすら、レコーディング(記録取り)に徹する」と(87ページ)と言っています。

なぜでしょうか。私は「現状」を把握するために、まずは記録だけに注力するのが早道だからだと思います。とくに気持ちが向きにくい国試の勉強には、何か工夫できるといいですよね。

今日は国試の勉強に手をつけられなかった。仮にそうなら「日付/0分」とだけ書くことになります。今日はできなかった、今日もできなかった、今日は何分だけやった、という記録が残っていきます。最初は無理に勉強をしようとせず、レコーディングに徹する、まずはこれを守ってほしいのです。1週間分の勉強時間を他人事のように眺める感覚で良いと思います。

「国試の勉強法が分からない」からではなく、この1週間を振り返ったとき「1分も時間を費やしていない」から出来ないのだ。仮にこんな「現状」だとしたら、自分一人で向き合うのは勇気がいるでしょう。記録が背中を押してくれるはずです。もし勉強が進まない!と困ってるのなら、ちょっと冷静になって、いまの状況を見てみましょう。

気軽に毎日記録をするのに、どんなツールが適しているかというと、人ぞれぞれの好みで選べばいいと思います。紙のノートを好む人、愛用のPCがある人、いろいろですが「毎日必ず手にして気軽に更新できるもの」が良いでしょう。

学生さんへのお勧めは、スマホでスプレッドシートを開くこと。慣れれば1~2分で記録できるようになります。

www.google.com