ソーシャルワーカーの本棚

浅沼太郎(長楽庵)の個人ブログです。読者に学生を想定して、好きな作品をもとに綴っています。

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼太郎)の個人ブログです

自分らしい目標の見つけ方−マイ・ゴール【1】

この本は「本当の自分が求める自分らしい人生の目標(p.27)」を自分自身で見つける構成になっています。

私はこう感じました。 

本当の自分? 自分らしいとは?

この疑問を「469個の質問集」に答えながら解いていきます。

自分に問いかけ、振り返ることになります。

 本書は、「自分らしさを活かして、一生情熱を注ぐことができる目標に生きられたなら、それは人生の成功と言える」ということを基本にしている。(p.13)

本書に書かれていることは、あなた自身の心の底にある「ずっと抱えていた根本的な問題」を解決することになるだろう。(中略)「まるで自分のことが書かれている」という驚きもあるはずだ。(p.14)

新装版マイ・ゴール これだっ!という「目標」を見つける本

新装版マイ・ゴール これだっ!という「目標」を見つける本

  • 作者: ケンシェルトン,リチャード・H.モリタ
  • 出版社/メーカー: イーハトーヴフロンティア
  • 発売日: 2005/10/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

筆者は、いろいろな表現で「目標」を説明してくれます。

  • 「こうしたい!」という純粋な“思い”が内在するもの(p.55)
  • 個人の奥底に秘めた気迫というか、“力”のようなもの(p.56)
  • 「自信」という力の根源(p.57)

なかでも私がしっくりきたのは「あきらめきれない(p.57)」でした。

知らず知らずのうちに誰かと比べて抱いた欲なのか、本当の目標なのか、もういまの自分には分からなくなっています。

だから、あきらめきれずに残っているものを手がかりにする。こんな探し方もあるのだと思いました。

筆者の基本的な姿勢は、あなたが「答え」を知っているというものです。言われてみれば当たり前です、自分の目標なのですから。

本書は「こうしなさい」ではなく、「どう生きたいの?」「何がほしいの?」と徹底的にあなたに問い続ける(p.55)

だから読者である私は「自分」を掘り下げるしかない。このプロセスで見つけたことを書き残していきたいと思います。

あとがき

人と比べる「相対的な欲」について、倉園佳三さんのブログをぜひ読んでみてください。

自分を圧迫しないように人生の計画を棚卸す | グッドバイブス ご機嫌な仕事