ソーシャルワーカーの本棚

浅沼太郎(長楽庵)の個人ブログです。読者に学生を想定して、好きな作品をもとに綴っています。

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼太郎)の個人ブログです

『グッドバイブス』の輪読をゼミで始めました

f:id:chorakuan:20190602104934j:plain

3年生のゼミナールで輪読をしています。

勤務する大学では、基礎文献を読むなどの科目がないため、学生は一冊を読み通す、レジュメを書いて発表する経験が乏しいようです。

学科では卒論も必須ではないため、自由に本を選びました。

 

倉園佳三さんの『グッドバイブス』から引用します。

私たち一人ひとりの価値は完全に同じである。(56ページ)

ソーシャルワークの講義や演習でも、価値や倫理の話があったと思いますが、「完全に同じ」だと思う人は少ないでしょう。現実味のない「いい話」程度ではないでしょうか。

でも私は真剣にこう思っています。「完全に同じ」が前提でなければいけないと。

どんな思いをもって行動するかによって、発せられるバイブスが変わる(112ページ)
何を語るかよりも、どんな思いでそれを語るかのほうが重要(113ページ)

これもどこかで似た話を聞いたことがあるかもしれません。

今年は、あえて「どう思っているか」にとどまりたいと思います。

学生が出ていく社会環境のこと、私たち自身の「思い」のこと。

口先ではなく「一人ひとりの価値は本当に同じ」であることにこだわりたい。

「きれいごと」だと思われていることに、実体を見出したいと考えています。

 

最近、テレビで奥田 知志牧師の話をききました。ぜひリンクのnoteを読んでみてください。

関連するテーマで、自分が使ってきた「物差し」を手放すと書いたことがあります。

ソーシャルワーカーは、人を分断する「時代の言葉」に対抗できるのか?

引き続き、挑戦していきたいと思います。

note.mu

【★購入特典付き★】グッドバイブス  ご機嫌な仕事

【★購入特典付き★】グッドバイブス ご機嫌な仕事