ソーシャルワーカーの本棚

浅沼太郎(長楽庵)の個人ブログです。読者に学生を想定して、好きな作品をもとに綴っています。

Authur:長楽庵 (id:chorakuan)
長楽庵(浅沼太郎)の個人ブログです

いまの自分をいまの言葉で書き残す− 古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

f:id:chorakuan:20190622103620j:plain

ブログを書いてみませんか、と学生さんに話しています。

私からみて、一人ひとりが魅力的だから。その魅力を言葉にできたらいいのにと感じます。蓄積されれば、その人の表現が伝わるようになり「信頼できる履歴書」になると思っています。

もう一年以上、どうやってサポートしたらいいだろうと思いながら、どうにもなりません。

いろんな出来事や感情をそのまま言葉にするのは難しい。「人が読む」と思うと、もっと言葉にしにくいものです。

誰が読むか分からないオンライン上は、ハードルが高いのも分かります。
ではローカルに書けばいいかというと、それも続かないことが多い。

その日その時のことを残しておかないと、どこかに消えてしまう。いまの私には、とても「もったいないこと」に見えるのです。

ただ私が学生の頃にそう思ったかと聞かれると、思いませんでした。絶対思わなかったです。自分を基準にするのもどうかと思いますが、勧めることに躊躇もあります。

読む人がいる(かもしれない)緊張感が、未来の自分でも他人でも「相手に届けたい」という動機づけにつながるためには、何か足らない気がします。

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』にある「10年前の自分」に語りかける内容が好きです。

あなたはいま、ある情報を手に入れている。知識かもしれないし経験かもしれない。ともかく有益な情報だ。

そして有益な情報とは、往々にして「もしこれを10年前に知っていたら!!」と思わせるものである。(161ページ)

書かないのは「もったいない」と私が言うのは、いまのあなたが「有益な情報」を手にしていて、それが大変貴重なのだと思うようになったからです。

20歳のあなたが「10年後の自分」を助ける文章を書く。私はわくわくしますが、20歳前後のあなたには伝わりにくいかもしれません。

再び同じページから、著者のアドバイスを引用します。

「10年前の自分」に語りかけるようにして書けばいいのだ。彼や彼女がどんな景色を見て、どんな悩みを抱えているのか。どんな言葉を嫌い、どんな言葉に耳を傾け、どう伝えれば納得してくれるのか。すべてが手に取るようにわかるはずだ。(161ページ)

少しだけ読み替えると、「10年後の自分」に向けて、いまの自分が見ている景色を書く。それが「有益な情報」になるのです。

ぜひ、あなたの今を言葉にしてください。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)